サーバー・ドメインパック

提供区分無料

サーバー・ドメインパック で出来る事

月額20,000円の会員制サービス「Freesale Plus」のサーバー・ドメインパックについてご説明します。お客様サーバーからフリーセルサーバーに移管させていただき、サーバーとドメイン管理を代行するサービス。ただし、検証結果により当社サーバーへ移管できない場合は、お客様がご利用中のサーバーにてWebサイトを運用させていただきます。

 

サーバー・ドメインについて

ドメインは、HP(ホームページ)をインターネット上に公開させるための住所。サーバーは公開するデータを保存しておく場所。どちらもHPを運営するうえで非常に重要な要素です。

ドメイン

「.com」 や 「.net」 や 「.org」 などは gTLD(グローバル・トップレベルドメイン)と呼ばれ、所有者の居住国やドメインの利用目的に関係なく、いくつでも取得できます。ただし、「.co.jp」ドメインは属性型JPドメインと呼ばれており日本で登記している法人のみが取得できます(資格:株式会社、有限会社、合名会社、合資会社、相互会社、特殊会社、信用組合など)。なお、取得できるのは1組織で1ドメインのみです。

サーバー

HPを公開したり、メールを使用したりする際に、ドメインと紐づけてメールアカウントの発行や変更管理を行うことになります。たとえば、「freesale.co.jp」というドメインを取得した場合、インターネット上でそのドメインにアクセスした際HPの情報を閲覧することはもちろん、取得した独自のドメインに紐づくメールアドレスを発行、使用することができます(sample@freesale.co.jpなど)。 そのため、何らかの事情でサーバーを移管(引っ越し)しなければなくなった際は、これまでのメールアドレスが使用不能になる可能性があるため十分に注意が必要です。

ドメイン・サーバーとSEO

SEOというとコンテンツやサイト全体のページ数、被リンクやキーワードの設定などが思い浮かばれますがドメイン・サーバーも無関係ではありません。そもそも、グーグルやヤフーといった検索エンジンは良いHP、為になる情報をユーザーに見てほしいのに、根本のインフラが整って無ければ意味がありません。 ドメインに関しては、過去に「日本語ドメイン(フリーセル.co.jp等)」がSEO上有利とされるとの情報もありましたが、現在では、まったくと言っていいほどSEOには影響しないものとされています。また、ドメインを取得する際に新規で取得するのと、過去に誰かが使用していた中古ドメインを取得するのとどちらが良いかという議論もあります。ケースバイケースですが、基本的には新規ドメインより中古ドメインのほうがSEOには有利とされています。ただし、中古ドメインだから必ずSEOに有利かどうかと判断するには難しいのが現状です。
お申し込みはこちら

※サービスをご利用になる場合は会員サイトにログイン後に会員サイトよりお申し込みください。

Copyright © Freesale Plus All Rights Reserved.